山崎山城の位置

更新日:2019年08月30日

 山崎山城跡のある山崎山は、彦根市南部の湖岸近くに所在する荒神山の南東側に位置する比高50メートル程度の小さな独立丘陵です。
 石垣や堀切等の遺構が残る山頂からは、眼下に織田信長が岐阜から安土を経て京へ登る道として整備した「下街道」(巡礼街道)を見下ろすことができ、周囲を宇曽川が蛇行しながら緩やかに琵琶湖に注いでいます。また、遙か北方には彦根山や佐和山を、南方には安土山を望むことができます。

山頂から東方面の鈴鹿山脈を望む風景写真

山頂から東方面 鈴鹿山脈を望む

山頂から北方面の彦根城、佐和山を望む風景写真

山頂から北方面 彦根城 佐和山を望む

山頂から南方面の安土山を望む風景写真

山頂から南方面 安土山を望む

この記事に関するお問い合わせ先

歴史まちづくり部 文化財課

電話:0749-26-5833

ファックス:0749-26-5899

メールフォームからお問合せする