39 木造釈迦・十大弟子像 ならびに 十六羅漢・五百羅漢像

更新日:2019年08月30日

木造釈迦・十大弟子像(もくぞうしゃか・じゅうだいでしぞう) ならびに 十六羅漢・五百羅漢像(じゅうろくらかん・ごひゃくらかんぞう)

木造釈迦・十大弟子像 ならびに 十六羅漢・五百羅漢像の写真
  • 市指定 平成11年8月19日
  • 所在地 里根町
  • 所有者 天寧寺
  • 時代 江戸

 天寧寺羅漢堂にある、527躯の仏像群です。本尊の釈迦如来坐像や十大弟子像、十六羅漢像、五百羅漢像は、同寺の建立とともに京都の仏師・駒井朝運(こまいちょううん)らによって彫られ、安置されました。仏像はそれぞれさまざまな姿を表し、彩色が施された躰からは、阿羅漢(あらかん)像の威厳ある姿と、色彩豊かな親近感あふれる表情がうかがえます。保存状態もよく、特に五百羅漢像については、一躯も欠けていない全国有数のもので、江戸時代後期の阿羅漢像の様式を今日に伝える貴重なものです。

この記事に関するお問い合わせ先

歴史まちづくり部 文化財課

電話:0749-26-5833

ファックス:0749-26-5899

メールフォームからお問合せする