健康保険料等が「PayPay請求書払いサービス」で納付できます!

更新日:2021年05月06日

健康保険料等が、平成30年10月からお手持ちのスマートフォンから決済アプリ「PayB(ペイビー)」、平成31年4月から「LINE Pay請求書支払いサービス」、「楽天銀行コンビニ支払サービス」を使って納めることが可能になりましたが、令和2年3月から「PayPay請求書払いサービス」も利用可能となりました。

「PayPay」アプリよりご利用できます。

 

 

PayPay請求書払いサービスとは

インターネット通信が可能なカメラ付スマートフォンにインストールしたアプリケーションからコンビニ払込票のバーコードを読み取り、いつでも、どこでも納付ができるサービスです。

納付できる科目

  • 市県民税(普通徴収)
  • 固定資産税・都市計画税
  • 軽自動車税
  • 国民健康保険料(普通徴収)
  • 後期高齢者医療保険料(普通徴収)
  • 介護保険料(普通徴収)
  • 上下水道料金
  1. PayPay請求書払いサービスで納付を行う場合、領収書が発行されません。
  2. 軽自動車の車検に使用する納税証明書が必要な場合は、本庁舎または支所・出張所にて無料で発行しています。
  3. バーコードのないもの、バーコードが読み取れないもの、指定納期限を過ぎたもの、金額を訂正したもの、1枚の納付書の納付額が30万円を超えるものは取り扱いできません。
  4. 詳細な説明につきましては、アプリのホームページをご確認ください。

この記事に関するお問い合わせ先

総務部 税務課 諸税管理係

電話:0749-30-6108
ファックス:0749-22-3052

メールフォームからお問合せする