季節性インフルエンザ予防接種費用を助成します

更新日:2020年10月06日

 例年、季節性インフルエンザの流行期には多数の発熱患者が発生していますが、今年の冬は新型コロナウイルス感染症の流行も懸念されることから、市では、接種日時点で彦根市に住民登録がある以下の人を対象に、季節性インフルエンザワクチン予防接種の費用助成を行います。

接種を希望される人は、国の優先順位を参考にご利用ください。

また、インフルエンザ予防の徹底もお願いいたします。

 

費用助成実施期間

令和2年10月1日(木曜日)から令和3年2月28日(日曜日)まで

(接種推奨期間は12月31日まで)

※インフルエンザは、例年1月上旬~3月上旬に流行しています。遅くとも12月末までの接種をお勧めしています。

定期接種の人はこちらをご覧ください(高齢者インフルエンザ予防接種について)

任意接種のうち次に該当する人 (協力医療機関で接種の人)

対象者 自己負担額 接種場所 接種時の持ち物

妊婦
1.9月30日時点で彦根市に住民登録があり、10月1日以降が予定日の妊婦の人(個別通知します。)

2.10月1日以降に妊娠届出書を彦根市に提出した妊婦の人(健康推進課の窓口でご案内します。)

※10月1日以前が予定日で、妊娠届出書を彦根市に提出している妊婦の人も対象。
 

無料

(全額助成)

 

協力
医療機関

 

1.健康保険証

2.母子健康手帳

3.「若年者等インフルエンザ予防接種費助成金交付申請書兼代理受領に関する委任状」(※)

(※)妊婦は通知に同封。協力医療機関に設置。下記からも印刷できます。

乳幼児・小中学生
平成17年4月2日以降生まれで、接種当日に生後6か月以上の人
※13歳以上は1回接種、13歳未満は2回接種になります。

助成金額

(2000円/回)を差し引いた額

高校生相当年齢
平成14年4月2日~
平成17年4月1日生まれの人

 

助成金額

(1000円/回)を差し引いた額

協力医療機関以外で接種を希望される場合

 

一旦全額お支払いいただき、後日、(1)~(3)の下記書類を市健康推進課に郵送または窓口でご提出ください。

【提出書類】

(1)「若年者等インフルエンザ予防接種費助成金交付申請書兼交付請求書」(市健康推進課に設置、または下記から印刷できます。)

(2)インフルエンザワクチンを接種したことがわかる領収書(原本)

(3)振込先金融機関口座確認書類(金融機関名、支店名、口座種類、口座番号および口座名義の記載面写し)

※申請者と口座名義人が異なる場合は、「彦根市若年者等インフルエンザ予防接種費助成金受領委任状」もご提出ください。

これにより、接種に要した費用のうち、平成17年4月2日~接種当日生後6か月以上の人は2,000円/回、平成14年4月2日~平成17年4月1日生まれの人は1,000円/回、妊婦の人は全額を市から指定口座にお支払い(償還払い)します。

償還払いの申請期限は令和3年3月31日(水曜日)17時まで(消印有効)です。

送付先: 〒522-0057 彦根市八坂町1900-4 彦根市健康推進課宛て

※13歳未満は2回の接種が完了した時点(ただし令和3年2月28日までの接種分に限る)で申請をお願いします。

※できる限り郵送での申請をお願いします。

※窓口申請の場合は印鑑をご持参ください。

予防接種の副反応について

定期接種は予防接種法に基づく予防接種、任意接種は予防接種法に基づかない予防接種となり、万一予防接種を受けたことにより健康被害を受けた場合の救済制度が異なります。予防接種を受けるときは、説明書をよく読み、予防接種の効果や副反応など、予防接種についてよく理解した上で受けるようにしてください。

この記事に関するお問い合わせ先

福祉保健部 健康推進課

電話:0749-24-0816
ファックス:0749-24-5870

メールフォームからお問合せする