児童扶養手当

更新日:2022年12月02日

手当を受けることができる人

 次の条件にあてはまる「児童」を監護している父または母、もしくは父・母にかわってその児童を養育している人(養育者)が手当を受けることができます。
なお、「児童」とは18歳に達する日以後、最初の3月31日(18歳の年度末)までをいいます。
 また、心身におおむね中度以上の障害(特別児童扶養手当2級と同じ程度以上の障害)がある場合は、20歳未満まで手当が受けられます。

  1. 父母が離婚した後、一方の親と生計を同じくしていない児童
  2. 父または母が死亡した児童
  3. 両親が揃っている家庭で、父または母が重度の障害の状態(別表参照)にある児童
  4. 父または母の生死が明らかでない児童
  5. 父または母から1年以上遺棄されている児童
  6. 父または母が裁判所から配偶者の暴力による保護命令を受けた児童
  7. 父または母が引き続き1年以上拘禁されている児童
  8. 未婚の母の児童
  9. その他、生まれたときの事情が不明である児童

上記いずれの場合も国籍は問いません。
児童を児童の父母以外の者が養育する場合は、上記の1から9のうちいずれかに該当する児童と同居し、監護し、かつ当該児童の生計を維持していることが必要です。

手当が支給されない場合

  1. 児童が里親に委託されたり、児童福祉施設等(通園施設は除く)に入所しているとき
  2. 児童や手当を受けようとする父または母、もしくは養育者が日本国内に住んでいないとき
  3. 手当を受けようとする父または母が婚姻しているとき(婚姻の届出をしていないが事実上婚姻関係と同様の事情にあるときを含みます。)
  4. 児童がもう一方の父または母と生計を同じくしているとき

児童扶養手当の額

令和4年4月分からの支給額 

  • 全部支給 43,070円
  • 一部支給 43,060円から10,160円

上記は、対象児童が1人の場合の手当額です。

児童が2人の場合は、上記金額に、5,090円から10,160円の加算、3人目以降はさらに1人当たり3,050円から6,090円ずつ加算されます。

年金と児童扶養手当との併給制限について

遺族・障害・老齢・労災年金、遺族補償、恩給などの公的年金等を受給されている場合は、年金額が差し引かれて児童扶養手当が支給されます(年金額の方が手当額よりも高い場合は児童扶養手当は支給されません)。

障害年金に関しては、「児童扶養手当法」の一部を改正し、令和3年3月分から、児童扶養手当の額と障害年金の子の加算部分の額との差額を児童扶養手当として受給することができるように見直されています。

障害年金と手当との併給制限見直しについて(PDFファイル:471.2KB)

所得の制限

 前年の所得(課税台帳で確認)が下表の額以上の人は、その年度(11月から翌年の10月まで)の手当の一部または全部が停止になります。

所得制限限度額表

前年の所得(1月から9月までに認定請求のときは前々年の所得)
扶養の親族等の数 請求者〈本人)
全額支給
請求者〈本人)
一部支給
扶養義務者・配偶者
孤児等の養育者
0人 490,000円 1,920,000円 2,360,000円
1人 870,000円 2,300,000円 2,740,000円
2人 1,250,000円 2,680,000円 3,120,000円
3人以上 以下380,000円ずつ加算 以下380,000円ずつ加算 以下380,000円ずつ加算

限度額に加算されるもの 

  1. 請求者本人
    老人控除対象配偶者・老人扶養親族がある場合は10万円/人、特定扶養親族がある場合は15万円/人
  2. 扶養義務者等
    老人扶養親族がある場合は6万円/人(ただし、扶養親族等がすべて老人扶養親族の場合は、1人を除く)

所得額の計算方法

所得額
 =年間収入金額-必要経費(給与所得控除額)+養育費の8割相当額-80,000円-下記の諸控除

諸控除の額 

  • 障害者控除勤労学生控除
     270,000円
  • 特別障害者控除
     400,000円
  • 配偶者特別控除・医療費控除等
     地方税法で控除された額

手当の支払日

 手当は、認定請求した日の属する月の翌月分から支給されます。

  • 1月(11月分から12月分)
  • 3月(1月分から2月分)
  • 5月(3月分から4月分)
  • 7月(5月分から6月分)
  • 9月(7月分から8月分)
  • 11月(9月分から10月分)

 支払日は、支払月の11日です。11日が土、日または休日のときは、繰り上げて支給されます。

 金融機関によって、振込みの時間帯が異なります。

手当を受けている人の届出

 次のような場合は、手当を受ける資格がなくなったり、支給額に変更が生じる場合があるので、必ず必要なお手続きをお願いします。

  1. 氏名・住所・支払金融機関を変更したとき
  2. 対象児童を養育、監護しなくなったとき(児童の施設入所・里親委託・婚姻を含みます。)
  3. 婚姻(同棲等事実婚も含む)したとき
  4. 受給者または対象児童が、遺族・障害・老齢・労災年金、遺族補償、恩給などの公的年金を受けることができるようになったとき
  5. 家族構成に変更があったとき(児童の増減、扶養義務者の増減)
  6. その他、受給要件に該当しなくなったとき

 届出が遅れたり、しなかったりすると、手当の支給が遅れたり、受けられなくなったり、手当を返還していただくことになりますので、忘れずに提出してください。

(注意)手当証書を他人に譲り渡したり、質に入れたりすることはできません。

(注意)偽りその他、不正な手段により手当を受けた人は、3年以下の懲役または30万円以下の罰金に処せられます。

公金受取口座を振込先口座に利用したい場合

マイナポータルで公金受取口座の登録または変更後、必ず、子育て支援課へ口座変更の届出が必要となります。口座変更の届出がない場合、従来の口座への振込が継続いたします。

当面の間は、届出用紙に口座情報について記入していただく必要がございますのでご了承ください。

口座変更されるタイミングによって、対応できる振込月が異なる場合がありますので、届出頂いた後、確認の連絡をいたします。

口座変更をご希望される方は、下記の届出を子育て支援課まで郵送もしくは窓口にご提出ください。

児童扶養手当支払金融機関変更届(PDFファイル:147.4KB)

手当の更新 現況届

受給者全員が毎年8月1日から8月31日までの間に提出します。なお、2年間提出しないと受給資格がなくなります。

手当の減額(一部支給停止)措置

 「支給開始月の初日から起算して5年」または「支給要件に該当するに至った日の属する月の初日から7年」を経過したとき(認定要求をした日において3歳未満の児童を監護する受給資格者にあっては、当該児童が3歳に達した日の属する月の翌月の初日から起算して5年を経過したとき)は、手当額が2分の1になる場合があります。
 ただし、一定の要件を満たしていれば、手当額は減額されませんので、市から通知があった人は、期日までに必要な書類を必ず提出してください。

減額にならないための提出書類の例 

  1. 就業していることを証明できる書類
    雇用証明書、賃金支払明細書、健康保険証の写し(国民健康保険証は不可)など
    自営業の場合は、確定申告書写しおよび自営業従事申告書など
  2. 求職活動をしていることを証明できる書類
    ハローワーク等で求職相談や求人情報の提供を受けていることの証明書など
    職業能力開発のために職業訓練校に通学している証明書など
  3. 障害、負傷、疾病などにより就業が困難であることを証明できる書類
    障害者手帳等の写し、医師の診断書(就業できない状態であることの証明)など

適切な受給のために

書類・資料の審査及び調査

受給資格の有無などを確認するため、書類(住居の賃貸借契約書や預金通帳の写しの提出など)の追加提出をお願いする場合があります。【児童扶養手当法第28条】

提出いただいた書類により審査を行いますが、その際に必要な事項について確認が取れない場合は、改めて調査をさせていただくことがあります。【児童扶養手当法第29条】

調査をさせていただく中で、止むを得ず、プライバシーに立ち入った調査や質問をさせていただく場合もありますので、ご理解とご協力をお願いします。

罰則等

質問や調査に応じていただけない場合は、手当額の全部、又は一部を支給しないことがあります。【児童扶養手当法第14条】

また、必要な書類などを提出していただけない場合は、手当の支払いを差し止めることがあります。【児童扶養手当法第15条】

万が一、偽りの申告など不正な手段で手当を受給した場合については、児童扶養手当法に基づき、

  1. お支払いした手当を全額返還【児童扶養手当法第23条】
  2. 3年以下の懲役又は30万以下の罰金【児童扶養手当法第35条】

に処せられることがあります。

問い合わせ先・窓口

 子育て支援課(彦根市平田町670番地 福祉センター2階)
 電話番号:0749-26-0994(平日午前8時30分から午後5時15分)

手続きの必要書類は要件等によって異なりますので、窓口でご確認ください

INQUIRIES この記事に関するお問い合わせ先

子ども未来部 子育て支援課

電話:0749-26-0994
ファックス:0749-26-1768

メールフォームからお問合せする