【受付終了】令和3年度子育て世帯への臨時特別給付金

更新日:2022年04月16日

臨時特別給付金の申請について

給付金の申請は、令和4年3月に生まれた新生児分の申請を除き、

令和4年3月31日(木曜日)で終了しました。

(注意)令和4年3月に生まれた新生児分の申請は、令和4年4月15日(金曜日)で終了しました。

お問い合わせ先

本給付金におけるコールセンター(0120-1528-39)は、令和4年3月31日をもって終了しました。4月1日以降のお問い合わせ先は、次のとおりです。

彦根市役所 保険年金課

電話番号 0749-30-6136

(注意)受付時間は、平日の午前8時30分から午後5時15分(木曜日は午後7時)までです。

(注意)土日祝日は受付していません。

臨時特別給付金の支給対象の拡大について

現在、国の「コロナ克服・新時代開拓のための経済対策」で、子育て世帯に対し、対象児童1人あたり10万円の臨時特別給付金を支給していますが、国が示す基準では、児童手当の所得制限額以上の方や、基準日以降の離婚等により、離婚後も児童を養育する方については、子育て世帯への臨時特別給付金が支給できませんでした。

このことから、彦根市では、支給対象者が児童手当の所得制限額以上の方、基準日以降に海外から帰国された方、基準日以降の離婚等により離婚後も児童を養育する方で、子育て世帯への臨時特別給付金を受給していない場合、新たに支給対象者として本給付金を支給することに決定しました。

(注意)令和4年2月7日より、国においても基準日以降の離婚等により、児童を養育しているにもかかわらず給付金を受け取れない方や、基準日以降に海外から帰国され、給付金を受け取っていない方に対しても支給を実施するよう見直されました。

臨時特別給付金の一括給付について

彦根市では、対象児童1人あたり10万円相当の給付のうち、先行して現金5万円を、迅速に支給対象者の皆様に支給ができるよう、準備を進めてまいりましたが、国において、10万円を現金で一括支給できる指針が示されました。

これにより、彦根市では、対象児童1人あたり10万円の臨時特別給付金を現金で一括給付することとします。

令和3年12月13日付けの通知が届いた皆様へ

令和3年12月13日付けで、令和3年9月分(令和3年9月出生の場合は同10月分)の児童手当を彦根市で受給する世帯(公務員の方は除く)に対し、その対象児童1人あたり5万円の臨時特別給付金を支給する旨の通知を送らせていただきましたが、対象児童1人あたり10万円を現金で一括給付することとなりました。

なお、一括給付についてのお知らせはがきを、令和3年12月16日付けで送付しますので、ご確認ください。

はがきが届いた方は、10万円を一括受給されることに関して、申請は不要です。

 

(注意)児童手当の所得制限額以上の世帯は除く。

令和3年度子育て世帯への臨時特別給付金

令和3年11月19日に閣議決定された「コロナ克服・新時代開拓のための経済対策」において、新型コロナウイルス感染症による影響が長期化する中、子育て世帯を支援する観点から、高校生までの児童を養育する方(児童手当の所得制限額以上の方を除く)に対し、その対象児童1人当たり10万円相当を支給することとされました。

このページは、臨時特別給付金に関する情報を掲載しています。

不明な点がありましたら、下記のコールセンターまでご連絡ください。

国が示す支給対象者

下記1~3に該当する児童を養育する保護者(父母等)のうち、令和2年中の所得が高い方(児童手当受給者もしくはそれに準ずる対象者)に支給します。

(注意)ただし、保護者(父母等)の所得が児童手当の所得制限額以上の世帯は除きます。

1.令和3年9月分(令和3年9月に出生した児童については、令和3年10月分)の児童手当支給対象となる児童

2.令和3年9月30日(基準日)時点で高校生等(平成15年4月2日~平成18年4月1日生まれ)の児童

(注意)ただし、婚姻された方は除きます。

3.令和4年3月31日までに生まれた児童手当支給対象となる児童(新生児)

 

彦根市の支給対象の拡大内容について

上記「支給対象者」に加え、彦根市では、支給対象者が児童手当の所得制限額以上の方、基準日以降の離婚等により、離婚後も児童を養育するが子育て世帯への臨時特別給付金を受給していない方を新たに支給対象者としております。詳しくは下記リンク「令和3年度子育て世帯への臨時特別給付金における支給対象の確認について」をご覧ください。

給付額

対象児童1人につき、10万円を現金で一括給付します。

支給申請について

申請が不要な場合と、申請が必要な場合があります。

申請が不要な場合

彦根市から令和3年9月分(令和3年9月に出生した児童については、令和3年10月分)の児童手当の支給を受けた方(養育する高校生等を含む)

(注意)公務員の方を除きます。

案内通知送付時期および振り込み予定(「申請が不要な場合」に該当する方)

案内通知

「申請が不要な場合」の支給対象者には、令和3年12月13日(月曜日)から順次案内通知を送付します。

振り込み予定

12月24日(金曜日)から順次、振り込みを開始する予定です。

(注意)申請が必要な場合については、申請後、審査等に一定の時間を要することから、1月以降の振り込みとなりますので、ご注意ください。

必要な手続き(「申請が不要な場合」に該当する方)

給付金を受給するにあたり、直近の児童手当登録口座を解約・変更等がなければ、特段手続きは必要ありません。

直近の児童手当登録口座を解約・変更等しており、臨時特別給付金の支給に支障が生じる恐れがある場合は、コールセンターまでご連絡をお願いします。児童手当登録口座の変更手続きが必要となります。

給付金の受け取りを拒否される場合(「申請が不要な場合」に該当する方)

給付金の受け取りを拒否される場合のみ、案内通知に記載されている期限までに「受給拒否の届出書」を彦根市に提出してください。期限までに提出が困難である場合は、コールセンターまでご連絡をお願いします。

令和3年10月から12月にご出生の児童を養育する皆様へ(公務員の方を除く)

令和3年10月から12月にご出生の児童を養育する父母等で、彦根市において児童手当の認定を行った皆様には、次のとおり案内通知を郵送させていただく予定です。

・令和3年10月、11月出生の児童を養育する父母等

    令和3年12月27日に案内通知を発送しております。

・令和3年12月出生の児童を養育する父母等

    令和4年2月上旬に案内通知を発送予定です。

申請が必要な場合

1.公務員の方で、所属庁から児童手当を受給している父母等

2.令和3年9月30日時点で高校生(平成15年4月2日~平成18年4月1日生まれ)の児童を養育している父母等(公務員の方を含む)

3.令和4年1月から令和4年3月までに生まれた児童手当の支給対象児童(新生児)を養育している父母等

(注意)養育している父母等の所得が児童手当の所得制限額以上の世帯は支給対象外となります。

【支給要件から「保護者(父母等)の所得が児童手当の所得制限額未満であること」の要件を撤廃】

彦根市では、所得制限額以上の方も本給付金の対象としました。

詳しくは詳しくは下記リンク「令和3年度子育て世帯への臨時特別給付金における支給対象の確認について」をご覧ください。

【参考】所得制限額について(国が示す基準)

下の計算式にあてはめ、申請対象者の所得額から控除額と8万円を引いて、「A」の額を出し、この金額を所得制限額と比較します。所得制限額以上の方は、本給付金の対象外となります。

計算式の画像
児童手当の所得制限額

扶養親族等の数

 

所得制限額

(万円)

収入額の目安

(万円)

0人 622 833.3
1人 660 875.6
2人 698 917.8
3人 736 960
4人 774 1002
5人 812 1040

「収入額の目安」は、給与収入のみで計算していますので、ご注意ください。

(注意)

・所得税法に規定する同一生計配偶者(70歳以上の者に限る)または老人扶養親族がある方についての限度額(所得額ベース)は、上記の額に当該同一生計配偶者または老人扶養親族1人につき6万円を加算した額。

・扶養親族等の数が6人以上の場合の限度額(所得額ベース)は、1人につき38万円(扶養親族等が同一生計配偶者(70歳以上の者に限る)または老人扶養親族であるときは44万円)を加算した額。

案内通知

支給対象となる可能性のある世帯には、案内通知、申請書および返信用封筒を同封した封書を令和3年12月24日から順次、送付します。

(注意)案内通知は支給対象となる可能性がある世帯の世帯主に送付しますが、申請者は、対象児童の保護者(父母等)のうち、生計を維持する程度の高い方(令和2年中所得が高い方)となります。(世帯主とは限りません。)

支給要件に該当しない方は、支給されませんので、ご理解ください。

申請期限

令和4年3月31日(木曜日)

ただし、令和4年3月に生まれた新生児分に限り、令和4年4月15日(金曜日)

振り込み予定

令和4年1月下旬以降から順次、申請書に記載された指定口座に振り込みます。

なお、申請が必要な場合については、申請後、審査等に一定の時間を要することから、申請書をご提出後、1~2か月後にお振り込みさせていただく予定です。

必要な手続き(「申請が必要な場合」に該当する方)

申請書に必要事項をご記入いただき、必要資料を添付の上、同封の返信用封筒に入れ、郵送で提出してください。

申請者は、対象児童の保護者(父母等)のうち、生計を維持する程度の高い方(令和2年中所得が高い方)となります。(世帯主とは限りません。)

令和3年12月24日付けの通知が届いた皆様へ

令和3年12月24日付けで、給付金の対象児童となる可能性がある世帯あてに、その対象児童1人あたり5万円の臨時特別給付金を支給する旨の通知になっていますが、対象児童1人あたり10万円を現金で一括給付することとなりました。

送付いたしました封筒に、次の資料を同封しておりますのでご覧ください。

(注意)児童手当の所得制限額以上の世帯は除く。

令和3年10月から12月にご出生の児童を養育する皆様へ(公務員の方)

令和3年10月から12月にご出生の児童を養育する父母等で、公務員の方は、申請が必要ですので、申請書を同封した案内通知を次のとおり郵送させていただく予定です。

・令和3年10月、11月出生の児童を養育する父母等

   令和3年12月24日に申請書を同封した案内通知を発送しております。

・令和3年12月出生の児童を養育する父母等

   令和4年2月上旬に申請書を同封した案内通知を発送予定です。

(注意)案内通知は支給対象となる可能性がある世帯の世帯主に送付しますが、申請者は、対象児童の保護者(父母等)のうち、生計を維持する程度の高い方(令和2年中所得が高い方)となります。(世帯主とは限りません。)

支給要件に該当しない方は、支給されませんので、ご理解ください。

こんなときはどうなるの?

Q.引っ越した場合には、給付金の振込はどうなりますか?

A.基本的には、児童手当の振込指定口座もしくは別途指定した口座に住所地市町村(特別区含む) から振り込まれます。ご不明な点があれば、中学生までのご家庭であれば、10月に児童手当を支給した引越前の市町村に、高校生や公務員のご家庭であれば9月30日時点での住所地市町村にお問い合わせください。

Q.DV被害により子どもとともに避難していますが、どうなりますか?

A.令和3年9月分の児童手当の支給を配偶者(DV加害者)が受けている場合についても、彦根市で子育て世帯への臨時特別給付金の支給を受けることができる場合がありますので、なるべく早く ご相談ください。住民票を動かす必要はなく、配偶者のいる市町村に連絡する必要もありません。子育て世帯への臨時特別給付金については、他方の配偶者等は支給を受けられません。

Q.子どもが児童養護施設等へ入所中なのですが、どうなりますか?

A.児童養護施設等に支給することになります。

注意事項

  • 口座解約・変更等により令和4年3月31日までに指定口座への振り込みができない場合は、子育て世帯への臨時特別給付金が原則、支給されませんので、ご注意ください。
  • 申請内容等に相違があり支給要件に該当しなかった場合等、受給資格がないことが判明した場合は、支給済みの給付金について速やかに返還していただきます。
  • 離婚等の要件により、給付金が支給された後、元配偶者から給付金を受け取った場合や元配偶者と再婚している場合など、令和3年度子育て世帯への臨時特別給付金の支給要件に該当しないことが判明した場合には、令和3年度子育て世帯への臨時特別給付金を返還いただきます。

詐欺にご注意ください。

ご自宅や職場などに彦根市から問い合わせを行うことがありますが、ATM(現金自動預払機)の操作をお願いすることや、支給のための手数料などの振り込みを求めることは絶対にありません。もし、不審な電話がかかってきた場合にはすぐに彦根市の窓口または最寄りの警察にご連絡ください。

内閣府のコールセンター

0120-526-145

(注意)受付時間は、 土日祝を除く午前9時から午後8時までです。

関連サイト

INQUIRIES この記事に関するお問い合わせ先

市民環境部 保険年金課 年金係

電話:0749-30-6136
ファックス:0749-22-1398

メールフォームからお問合せする