彦根市都市計画マスタープラン

都市計画マスタープランは、都市計画法に基づき、都市計画に関する基本的な方針を記載したものであり、土地利用や公共交通・道路・公園・下水道等といった施設の整備、歴史文化資産・自然環境の保全や景観の形成など、目指すべきまちの将来像やまちづくりの方向性を総合的に示す計画で、今後のまちづくりを進める上での指針となるものです。

 本市では、計8回にわたる彦根市都市計画マスタープラン改定委員会で取りまとめました提言案を踏まえ、彦根市都市計画審議会における慎重な審議を経まして、このたび彦根市都市計画マスタープランを改定しました。

 

彦根市都市計画マスタープランの進行管理について

 

 全体構想では、「彦根市まち・ひと・しごと創生総合戦略~人口ビジョン編~」に示された将来展望における目標人口(定住人口)をまちづくりの目標達成を計る指標と定めています。また、地域別構想では、7地域毎にまちづくりの目標の実現に向けて、特に進行管理を行う5つの取り組みを定めています。

 つきましては、下記のとおり進行管理表の取りまとめを行いましたので公表します。

 

改定の経緯等について

この記事に関するお問い合わせ先

歴史まちづくり部 都市計画課 都市計画係

電話:0749-30-6124
ファックス:0749-24-8517

メールフォームからお問合せする