エンディングノートを配布しています!

更新日:2020年09月01日

人生の最期は必ず誰もが迎えます。その時についてあらかじめ考え、自分らしく人生の最期を生きるために、治療、介護についての希望や思い、家族に伝えたいこと、自分の歴史などを記しておくノートのことをエンディングノートといいます。(法的な効力はありません。)

日頃から、ご家族など大切な方々と自身の最期の生き方について話し合っておくことがとても大切です。エンディングノートはそのきっかけの一つとして活用することができます。

この度、彦根市と花かたばみの会(在宅看取りを普及啓発しているボランティア団体)でエンディングノートを作成しました。希望される方は、彦根市医療福祉推進課、彦根市地域包括支援センター、彦根市役所総合案内で無償配布しています。なお、なくなり次第配布を終了します。

わたしのエンディングノート ~かけがえのない数々の思い出、そして大切な人へのメッセージ~

エンディングノートとは・・・
彦根市地域包括支援センター

この記事に関するお問い合わせ先

福祉保健部 医療福祉推進課

電話:0749-24-0828
ファックス:0749-24-5870

メールフォームからお問合せする