彦根市高齢者安心・安全ネットワーク

更新日:2020年04月01日

新たな協力事業者と協定を締結しました

本市では、平成27年4月1日から市内で活動されている企業や事業者等30団体の皆さんと彦根警察署および彦根市の3者が連携し、高齢者が住み慣れた地域で安心・安全に暮らし続けられるようにすることを目的に「彦根市高齢者安心・安全ネットワーク」の取組を行っています。

このたび、この取組に「アルフレッサ株式会社長浜支店」様および「株式会社クラマツ松原営業所」様が新たに協力事業者としてご参加いただけることとなり、『彦根高齢者安心・安全ネットワーク活動に関する協定書』を締結しました。

これによりまして、協力事業者は32団体となりました。

■新たに協定を締結した協力事業者

・アルフレッサ株式会社 長浜支店(長浜市勝町)

・株式会社クラマツ 松原営業所(彦根市松原町)

【協定締結日:令和2年1月29日付け】

彦根市高齢者安心・安全ネットワーク

 高齢者の皆さんが、住み慣れた地域で安心して安全に暮らし続けられるよう、市内で活動されている企業や事業者等の皆さんと彦根警察署、彦根市の3者が連携した「彦根市高齢者安心・安全ネットワーク」が、平成27年4月1日からスタートしました。

 このような、3者が連携した高齢者を見守る活動は、県内で初めての取組みです。

 今後、このネットワークに参加する民間協力事業者の“さりげない見守り”や“情報提供”等によって、困っている高齢者の早期発見や、効果的な支援につながります。

「高齢者安心・安全ネットワーク」とは

 高齢者の皆さんが住み慣れた地域で安心して安全に暮らし続けられるよう、市内の協力事業者、彦根警察署および彦根市が相互に連携を図り、地域社会全体で高齢者を“さりげなく見守る”体制を構築し、異変、心身状況の変化等により自立生活を営むことが困難になるなど支援を必要としている高齢者を早期に発見し、必要な支援につなげるとともに、高齢者が被害者となることの多い特殊詐欺や消費生活被害、交通事故等の未然防止ならびに認知症高齢者の徘徊捜索者の早期保護を図ることを目的としたネットワークです。

“さりげない見守り”とは、

  • 日々の生活や仕事の中で、「いつもと違う」「何かおかしい」「ちょっと気になる」と気づいたときに、地域包括支援センターに相談・連絡いただくことで、地域の高齢者をさりげなく見守っていくものです。
  • 地域での幅広い「気づき」を手段としているため、見守る人・見守られる人は特定せず、さりげなく見守っていくものです。
  • 警察や市が発信する特殊詐欺や交通事故などの注意喚起(声掛け)、徘徊捜索者の情報提供に基づき、さりげなく見守っていくものです。

ネットワークの構成団体

(1)協力事業者 (32団体:令和2年1月31日現在)

 市内の企業および事業者等で、彦根警察署ならびに彦根市と協定を締結した団体

  新聞販売店、総合小売店、訪問・移動販売店、電力会社、ガス会社、水道検針会社、

  郵便局、生命保険会社、配食事業者、FMラジオ放送局、タクシー会社、金融機関、

  病院、歯科医院、薬局、介護保険事業者、老人クラブ連合会、シルバー人材センター、

  民生委員児童委員協議会連合会、社会福祉協議会、高速道路会社、

  医療用医薬品等卸売業者、福祉用具レンタル・販売事業所

  協力事業者としてご参加いただける団体を随時募集しています。詳しくは、介護福祉課までお問合せください。

協力事業者への賛同連絡票

(2)実施機関

 協力事業者への情報提供および協力事業者からの情報提供をもとに支援・対応を行う彦根警察署ならびに彦根市

協力事業者等一覧(令和2年1月31日現在)

この記事に関するお問い合わせ先

福祉保健部 介護福祉課

電話:0749-23-9660
ファックス:0749-30-9231

メールフォームからお問合せする