市長への政策提言について

更新日:2020年03月30日

福祉病院教育常任委員会の継続調査に係る政策提言を行いました

彦根市議会福祉病院教育常任委員会は、令和元年度の所管事務調査として、「学力向上」をテーマとし、秋田県横手市への先進地行政視察、小中学校の現地調査、市民の皆様から の意見をお聞きする議会報告会等を実施してきました。

これらの調査結果に基づき、令和2年3月27日(金曜日)に、以下の通り市長に提言を行いました。

1 『読み解く力の育成』など、市内すべての小中学校の教員で取り組める、よりわかりやすい統一課題を設定し、PDCAサイクルの徹底を図る。

2 教育委員会事務局の指導担当者の充実とともに、OJTの一層の充実による教員の指導力の向上を図る。

3 家庭学習の充実を図る。

政策提言の様子

市民産業建設常任委員会の継続調査に係る政策提言を行いました

 彦根市議会市民産業建設常任委員会は、平成30年度委員会調査事項として「農業」を取り上げ、議会報告会「カタリバ」の開催、農業委員会との意見交換会、農業の活性化のための先進地視察等を行ってきました。

 これらの調査結果にもとづき、新規参入の促進や彦根ブランドの開発支援および道の駅等の設置の推進を図るとともに、農業に対する市民の意識を向上させるシンボリックな条例を制定する検討を行うことについて、平成31年3月27日(水曜日)に大久保市長に提言をしました。

市民産業建設常任委員会の継続調査に係る政策提言を行いました

 彦根市議会市民産業建設常任委員会は、平成29年度の継続調査テーマを「中心商店街の活性化について」とし、先進地への行政視察や、彦根商店街連盟に加入されている11商店街への聞き取り調査等を実施しました。

 これらの調査を踏まえ、シティプロモーションを踏まえたうえで、買物客や観光客が利用できる駐車場の整備等各種事業が必要と考え、これらの事業に専門的に取り組んでいく「まちづくり会社」の設立について早急に検討を行うことを、平成30年5月24日(木曜日)、大久保市長に提言をしました。

企画総務消防常任委員会の継続調査に係る政策提言を行いました

 彦根市議会企画総務消防常任委員会は、平成29年度、「移住・定住促進」についての調査のため、「地域おこし協力隊を活用した移住促進」について先進地行政視察を行い、「若者の定住促進」をテーマに議会報告会を開催して市民との意見交換を行いました。

 平成30年3月26日(月曜日)にこの調査結果にもとづき、大久保市長に提言をしました。 

  1. 「学生が卒業後に就職できるまち」、「子育て環境を充実し教育に力を入れるまち」、「シニア世代が定住できるまち」を実現する施策を積極的に推進すること。
  2. シティプロモーション推進室の機能を充実させ、戦略的なプロモーション推進を図り、さらなる彦根市の魅力等の発信に努めること。
  3. 地域おこし協力隊員を増員し、地域の魅力の掘り起こしに努めるとともに隊員の活動支援や定住につながる施策を推進すること。
議長と副議長と市長が提言書を持っている写真

議長と副議長から市長に提言

この記事に関するお問い合わせ先

議会事務局

電話:0749-30-6130
ファックス:0749-22-0906

メールフォームからお問合せする