開国記念館

更新日:2019年08月30日

 「開国記念館」は、昭和35年(1960年)に井伊直弼の没後100年を記念する事業として、彦根市民の浄財によって、彦根城の佐和口多聞櫓を再現したものです。
 以後、直弼を顕彰する展覧会などが継起的に催され、昭和59年には一部を改装し、「彦根市民ギャラリー」として使用してきましたが、平成14年には閉館となりました。
 平成19年に開催された国宝・彦根城築城400年祭で、「井伊家14代物語」会場として使用され、平成20年10月1日からは展示施設となっています。

開国記念館外観の写真

開国記念館外観

紅葉の鮮やかな開国記念館入口の写真

開国記念館入口

利用案内

開館時間

午前8時30分から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)
エレベーターをご利用いただけます。車椅子での入館が可能です。

休館日

12月25日から12月31日まで
このほか、展示替期間のため、臨時で休館することがあります。

観覧料金

無料

施設に関するお問い合わせ

彦根城管理事務所

電話0749-22-2742 ファックス0749-22-2905

アクセス

車で:名神「彦根インター」から10分 近隣の有料駐車場をご利用ください。

電車で:JR東海道本線・近江鉄道「彦根駅」から徒歩15分

開国記念館アクセスマップ

企画展示室

企画展示「佐和山御普請、彦根城御城廻御修復-発掘・解体調査からみえてきたもの-」 について

この記事に関するお問い合わせ先

市長直轄組織 文化財課

メールフォームからお問合せする